26 March 2014

::
雨だとしても冬の間よりは外に出ても良いかなと思えるようになってきました。今日は午後から雨が降るから折り畳み傘を持って出かけてくださいと朝のニュースで気象予報士が言っていたけれど、雨は降らなかった。両手をフリーにしておきたい僕にとっては、雨は苦手です。それでも雨に濡れて色の濃くなった外の景色を見るのは好きなので、気分が良い時は散歩するのだけれど。
なぜだか今週はいつもより疲れが溜まるのが早いというか水曜日なのに木曜日のような気分になってしまった。先週、先々週と3連休だったから身体がそのリズムを覚えてしまったのだと思う。なので明日はいつもよりヘビーな木曜日を乗り切って心待ちにしている週末を迎え、再びいつも通りの平日に備えるのです。
ところで、そろそろ桜の咲く季節になり、職場では植えられた八重桜が満開を通りすぎようとしています。僕はいつもこういう季節の移り変わりに疎くて、ああ、そろそろこんな季節か、なんて思った頃にはそのシーズンも最盛期を過ぎようとしていて、気付いてから一日二日で終わりを迎えることが多かったりします。そういうのはちょっと人生を損しているような気もするのですが、考えてみると長い間宮城に住んでいた僕は東京に来てから何年経っても季節感が1ヶ月近くずれているようにも思います。未だに天気予報は仙台の項目を見てしまいますし。電車の発車メロディーにはだいぶ慣れてきたけれど、時々ふと小さな頃に毎年母親に連れられて4月初めの東京に来ていたことを思い出します。その時期の宮城はまだ寒く、東京駅のホームに降りた瞬間に、その暖かさに東京に来たということを肌で感じるのです。こんな感傷的なことを書いてしまうのはまさにそのシーズンを迎えようとしているから。毎年この時期はそわそわしてしまいます。良くも悪くも。

3 Responses to 26 March 2014

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です